十勝の夏の風物詩といえば、8月13日の勝毎花火大会。

商品センター A木さん

洋生課 K保さん の 

「私のイチオシ十勝!」

 

 

A木さんのオススメ柳月

十勝みるく

1個 95円

「まろやかなミルク餡がやみつきになりますよ。」

K保さんのオススメ柳月

樺の木 抹茶 ※期間限定販売

1本 1700円

「抹茶好きだから。抹茶感がいいです。」


今回は、A木さん、K保さんがイチオシする十勝のイベントを紹介してくれました。それは「勝毎花火大会」です。きっと十勝の人なら子供から大人まで誰もが楽しみにしている夏の大イベントなのではないでしょうか。

 

勝毎花火大会は、十勝の新聞社・十勝毎日新聞社が主催の花火大会です。例年迫力ある色とりどりの花火を打ち上げる大規模な花火大会は、今ではすっかり全国に名が知れ渡っています。毎年、地元十勝の人だけではなく、北海道各地から、遠くは道外からたくさんの人が訪れています。

 

他の花火大会と一線を画し毎年多くの人を魅了し続ける理由は、なんといってもエンターテイメントなショーのような演出。花火と音楽と光が融合され、夜空を彩る美しい光と音の世界に引き込まれます。また、地元FM局のDJの声が会場に流れ、その軽快なトークで更に会場を盛り上げてくれます。

 

 

打ち上げた時にドーンと体にまで振動が響き渡る大玉の花火。わびさびを感じる温かな朱色の昔ながらの日本の花火。スマイルやリボンなど子供たちが次は何だろうとワクワクする、絵が浮かび上がる楽しい花火。たくさんの花火を次々と打ちあげ、夜空に大きな大きな光の絵を描く豪華なスターマイン。A木さん、K保さんも、内容が充実したこの花火大会を見るのを毎年楽しみにしているそうです。「2019年は勝毎100周年の年にあたるので、いつも以上にわくわくしてます!」とK保さん。

 

会場には、屋台なども充実。チケット必要な席と必要のない無料席があり、無料席には昼間から場所取りをする人もいます。会場の周辺の家では焼き肉を楽しみながら花火大会が始まるのを待つ人も、よく見る光景です。

 

十勝の人が、夏の最後の思い出として楽しむのが勝毎花火大会です。

 

 


勝毎花火大会

 

住所    帯広市・十勝川河川敷特設会場

      (十勝大橋下流 400m付近)

 

開催日時  毎年8月13日 ※荒天の場合は14日に順延

      19:30 打ち上げ開始

 

HP    https://www.tokachi.co.jp/hanabi/